GI値ってなに?血糖値の重要性

ダイエット





皆さん、「GI値」って言葉を聞いた事ありますでしょうか?

聞いた事のない方も多いかと思います。日本ではそんなに浸透してない言葉だと思います。しかし、実はダイエットにとって非常に大事なものなんです。特に日本ではカロリーを一番に気にされている方が多いと思います。低カロリーを気にさせる広告などが多く、そもそもGI値が商品に記載されていないので、知らないのも無理ありませんよね。

しかし、欧米では食品、食材に含有カロリーよりも、GI値の表示が大きく表示されているものが多いようなんです!!!

食事療法にGI値が取り入れられていて、糖尿病患者の治療をする方法が主流になっているようで、それだけGI値が大事だと言う事がわかります。

 

GI値とは?

食事をすると、摂取したものは体内でとなり、血液中を流れます。そして血糖値が上昇するのです。その血糖値の上昇度合を指数で示したものがGI値といいます。

 

血糖値が急激に上昇することにより、膵臓のβ細胞(ランゲルハンス島)からインスリンというホルモンが分泌され、血液中の糖を体内の貯蔵エネルギーに導いて行く為、インスリンが分泌されすぎてしまうと、肥満の原因となってしまうのです。そのため、食事の際に血糖値の上昇を緩やかにする必要があります。

そこで、血糖値の上昇を緩やかなものにする為にGI値を参考にしていきます。

GI値が低い食べ物は吸収がゆっくりで、血糖値の上昇が穏やかで、インスリンの過剰分泌が無いため、脂肪細胞には到達しません。そのためダイエットに良い食材だと言えます。ちなみに、カロリーと比例しているわけではありません。

 

GI値の高い食材

お米などで見ると、精製されていて色が白いものの方がGI値が高く、逆に色が茶色などの濃い色の方がGI値が低くなっています。

高GI値  白米→赤飯→玄米→五穀米  低GI値

麺類などでも、うどんに比べてそばの方が低くなっています。

 

血糖値の上昇を抑えるには?

GI値の高い食材、低い食材などが少し分かってきたかと思います。では、ダイエットの際にどうやって気をつけて良いかを押さえておきたいと思います。

・まず、食材を替えていきましょう!白米を食べている方は玄米に、食パンを食べている方は全粒粉パンに、うどんはそばにと言った具合です。

・そして調味料なども意識して、なるべく砂糖などは使わないようにしましょう!

・食事の摂取する順番も大事なんです!いきなり炭水化物(糖質)を食べるのではなく、野菜などを先に食べて、その後にタンパク質、そして最後に糖質を摂るようにしましょう!先に野菜などを食べる事により、糖分の急激な吸収が抑えられ、インスリンの過剰な分泌を抑えられます。

 

上記の食事方法を意識するだけでも、だいぶ変化は見られてくるはずです!皆さんも、意識して実践をぜひしてみて下さい!!

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です